月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

予選敗退の男子3000m障害・三浦龍司「層が厚くなっている」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子3000m障害。昨年の東京五輪で同種目日本人初の入賞となる7位に入った三浦龍司(順大)は、8分21秒80の2組5着で予選敗退となった。

世界の壁は厚かった。2017年、19年と2連覇中のコンセスラス・キプルト(ケニア)や東京五輪銀メダリストのレメチャ・ギルマ(エチオピア)に必死に食らいついた三浦。2000mを5分40秒で通過するまでは先頭集団の前方で位置していたものの、その後のペースアップに対応できず、「ラスト動く直前でみんなが止まっている時にアクションができれば良かった」と後悔を口にした。

ただし、手応えも感じているようで、「中盤からはしっかり抵抗でき、走りの中で対応できたところもある。気持ちの面で余裕を持てたのも成長」と、この結果を前向きに捉えている。

今季は4月の金栗記念選抜1500mで日本歴代2位の3分36秒59をマークするなどスピードを磨き、6月末にはダイヤモンドリーグ・ストックホルム大会3000mにも出場した(7分47秒98で10位)。

「昨年とはパワーバランスも変わって層が厚くなっている」と言う三浦。世界との距離を再確認し、来年のブタペスト世界選手権、再来年のパリ五輪に向けて歩みを続けていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com