月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子1500m・田中希実「ハラハラ」準決勝進出!予選4分05秒30でプラス通過/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた女子1500m予選。2組に出場した田中希実(豊田自動織機)は4分05秒30で着順通過できる6着にあと一歩の7着ながら、プラス2番目で準決勝進出を果たした。

「着順で通れなくてさっきまでハラハラしていました」という田中だが、8位入賞を果たした昨年の東京五輪に続いてラウンドを突破。800m、1500m、5000mの3種目出場という日本人女子では例のない挑戦で、「3種目でどんな結果になるかは、最初の1500m次第」と語っていたが、第一歩をしっかりと踏み出した。

「日本の中では注目もされてプレッシャーもあったけど、世界選手権で準決勝進出は初めてなのでまた新しい道を作れたと思う」

緊張もあったようだが、「ようやく始まったな、と楽しむ気持ちも出てきた」と田中。終盤の着順争いで食い下がれたことも収穫に、五輪に続くファイナル進出に挑む。

2組に入った準決勝は、16日午前11時05分から始まる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com