月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山西利和が主導権を握って男子20km競歩2連覇 狙い通りにレースを進める横綱相撲/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子20㎞競歩。山西利和(愛知製鋼)が出場し、1時間19分07秒で優勝し、2大会連続の金メダルを獲得した。

レース直後に「最後は薄氷の勝利。何とか勝てて良かったです」と話していた山西。しかし、内容はその言葉とは裏腹に王者の風格漂う内容だった。

スタートしてまもなくいきなり集団から抜け出した山西。「自分の良さを出すために前半からある程度早い展開に持ち込む」つもりだったという。4km手前で追いつかれたが、何度か前に出るなどして、主導権を握った。

「他の選手が消耗した状態でラストを迎えることを狙って、揺さぶりをかけました」。13km過ぎからペースを上げ、1km3分50秒前後押していくと集団は崩れ、池田向希(旭化成)とガシンバ(ケニア)との争いになった。15kmで1度警告を受け、16kmでカールストレーム(スウェーデン)に追いつかれたが、17km過ぎで再びペースアップ。そこでカールストレームやガシンバを振り落とし、池田とのマッチレースとなった。

「東京五輪で敗れた池田選手にはリベンジしたかった」。昨夏は銀メダルの池田に対し、山西は銅。だが今回は負けなかった。19km過ぎにスパートしてラスト1kmは3分40秒。ガッツポーズでフィニッシュテープを切った。

結果的には狙い通り、圧巻のレースで再び世界一となった山西。3年後のパリ五輪金メダルへ向けて大きく前進した。それでも、「1つひとつの国際大会を勝ち切ることを積み重ねたい」と謙虚だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com