月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子20㎞競歩・池田向希が銀メダル!連覇の山西に続いて日本人ワンツー「うれしい反面悔しい思いも」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子20㎞競歩。池田向希(旭化成)が1時間19分14秒で見事銀メダルを獲得し、優勝の山西利和(愛知製鋼)と日本勢ワンツーフィニッシュを果たした。

スタートから山西や住所大翔(順大)らとともに先頭集団でレースを進め、「序盤は落ち着いて流れに乗っていけました」。トップを走り続ける山西に食らい付く。「後半の5㎞を切ってからも気持ちを切らさずにいけた」というように、ラストは山西に先着を許したものの、続いて2位に入り強さを見せた。

2019年のドーハ大会では初出場ながら6位入賞を果たすも、悔し涙をみせていた池田。そこから昨年の東京五輪の2位と今回を経て「うれしい反面、(山西に負けて)悔しい思いもあるが、ステップアップしている証拠」と振り返る。

「山西さんはライバルでも頼もしい存在でもあります。今日も他の選手にマークされていても堂々としていてまだまだ勉強させてもらいました」と日本人同士で繰り広げた熱い優勝争いだった。

「これから国際大会が続くので上位争いができるようにしたいです」。24歳の池田が日本競歩界の先陣を切って歩いていく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com