月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男女混合4×400mリレーは日本歴代2位の3分17秒31と健闘も13位で予選突破ならず/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男女混合4×400mリレー。決勝進出を目指した日本は1組目に出場し、3分17秒31で8着。予選全体では13位で敗退となった。

今大会から、男子-女子-男子-女子と走順が定められた同種目。1走に登場した中島佑気ジョセフ(東洋大)は、「前半の加速と後半リラックスするところはできた」と海外の強豪勢に食らいつき6番目で2走の2走の松本奈菜子(東邦銀行)へのバトンを渡した。

メンバーでただ1人2度目の世界選手権出場となった松本は今季400mで自己新の52秒56をマークするなど好調だったが、50秒~51秒台の記録を持つ他国の選手に後れを取り順位を落としてしまう。3走の岩崎立来(大体大)、4走の小林茉由(J.VIC)も奮闘したが、順位を上げることはできず、最下位でのフィニッシュとなった。

松本は「自己ベストも更新できていたのですこし自信を持って臨めたが、やっぱり51秒台を出さないといけない」と力不足を痛感。小林も「すぐ始まってすぐ終わっってしまった。技術、日々の過ごし方から見直して世界のトップの動きを見たい」と唇を噛んだ。

初めての日本代表となった岩崎は「ラスト50mで力んでしまった。個々の実力が足りないので、来年は44秒台を出して、個人でも準決勝に進めるぐらいになればマイルでも上位入賞が狙える」と次を見据えた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com