月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子走高跳で予選敗退の赤松諒一「2m25で高さを意識してしまった」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子走高跳。世界選手権初出場の赤松諒一(アワーズ)は2m21の全体19位となり、決勝進出を逃した。

赤松は最初の高さの2m17と2m21をミスなくクリア。しかし、バーが2m25に上がったところで「高さを意識してしまった」と、成功には至らず。「(2m)28が勝負だと思っていたので、そこまで行ければと思った。素晴らしい舞台に立つことができたが、そこでベストパフォーマンスをできる選手になりたい」と反省した。予選で2m25までを無効試技なしで跳んだ選手までが決勝に進出。今季2m27を跳んでいる赤松にとっては十分に可能性があっただけに、悔しい結果となった。

国立の岐阜大出身の27歳。来年の世界選手権、そして2年後のパリ五輪に向けて「助走がバラバラになるところを修正できれば、大きな跳躍ができると思う」と決意を新たにした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com