月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子走高跳の真野友博 日本人初の決勝進出!「自己ベストで上位入賞狙う」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子走高跳予選。真野友博(九電工)が同種目日本人初の決勝進出を決めた。

今大会最初の日本人出場種目となった男子走高跳。予選A組に入った真野は、2m17を軽やかな跳躍で1回目に跳び、2m21と2m25は1回目を失敗するも、2回目にクリアした。

「しっかり修正できて1番良かった」という2m28は見事1回目に成功。全体6位でこの種目日本人初の決勝進出を果たした。

今季は5月の九州実業団で2m30をマーク。6月の日本選手権でも2m30で2年ぶりの優勝を飾っており、好調ぶりを見せていた。日本人トップバッターとして「(日本チームに)勢いをつけられた。決勝進出ができて良かったです」。決勝へ向けても「助走の前半が安定していなかったので、2m28の跳躍の動きを再現できれば」と話した。

真野の自己記録は2020年にマークした2m31。「自己ベストを更新して上位入賞を狙いたい」とさらなる快挙へ向けて気合は十分だった。

決勝は18日の17時45分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com