月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

宮崎県選手権女子100mHで清山ちさとが日本歴代6位タイの13秒02 自己ベストを0.11秒更新


7月9日の宮崎県選手権(ひなた宮崎県総合運動公園)女子100mハードルで清山ちさと(いちご)が日本歴代6位タイの13秒02(+1.1)で優勝した。これまでの自己ベストは、2020年7月の同選手権でマークした13秒13。

清山は宮崎商高3年時の2009年インターハイを13秒44(当時の高校歴代2位タイ、現・高校歴代4位タイ)で優勝。筑波大、同大大学院を経て16年にいちごに入社している。実業団2年目の17年に8年ぶりとなる自己新(13秒35)をマークすると、18年には13秒30、19年は13秒20、20年に13秒13と4年連続で自己記録を更新した。

その後、股関節を骨折したが、昨年の日本選手権は過去最高の2位と健闘。今季は6月の日本選手権予選でシーズンベストの13秒25をマークすると、決勝は5位(13秒37)に入っている。

女子100mハードル日本歴代10傑
12.86 ―0.2 青木 益未(七十七銀行) 2022. 4.10
12.87 0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021. 6. 1
12.93 1.7 福部 真子(日本建設工業) 2022. 6.26
13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設) 2000. 7.16
13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設) 2021. 6. 6
13.02 1.4 池田久美子(スズキ) 2007. 4.29
13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協) 2013. 6. 8
13.02 1.1 清山ちさと(いちご) 2022. 7. 9
13.03 -0.6 木村 文子(エディオン) 2013. 6. 8
13.08 0.2 石野 真美(長谷川体育施設) 2006.10.22

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com