月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

福岡国際と防府がマラソンJMCシリーズ「G1」に加盟 MGCとブダペスト世界選手権の選考会に


日本陸連は7日、今年12月に開催される「福岡国際マラソン2022」と「第53回防府読売マラソン」が、ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズ第2期のグレード1(G1)に加盟することを発表した。

日本陸連ロードランニングコミッションの審査を経て決定したもので、JMCシリーズ第2期は来年開かれる世界選手権ブダペスト大会の代表選考会と、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への進出を懸けた「MGCチャレンジ」指定大会となる。

第2期では他に8月の北海道マラソンが加盟大会として発表されており、9月以降の国内大会は引き続き加盟申請を受け付けているという。

福岡国際マラソンは昨年の75回大会で廃止となったが、新たな運営体制を構築した上で後継大会が「福岡国際マラソン2022」として開催されることが3月に発表されていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com