月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

16歳のブーンソンが200mで20秒17! ナイトン、ボルトに次ぐU18世界歴代3位 U20アジア記録も大幅に更新/WAコンチネンタルツアー

6月26日、カザフスタンのヌルスルタンで開催されたWA(世界陸連)コンチネンタルツアー・ブロンズ競技会の男子200mで、16歳のP.ブーンソン(タイ)がU18世界歴代3位の20秒17(+1.7)をマークした。

U18世界記録は昨年、エリヨン・ナイトン(米国)が打ち立てた19秒84。それまでの記録はウサイン・ボルト(ジャマイカ)の20秒13で、ブーンソンはそれに次ぐタイム。従来のU18アジア記録はサニブラウン・A・ハキーム(当時・城西高)が15年に樹立した20秒34。U20アジア記録は01年に大前祐介(当時・早大)がマークした20秒29で、これらを大きく上回った。

ブーンソンは2006年1月生まれ。日本の高校2年生に相当する年齢で、昨年までの自己記録は20秒70。今年5月行われた東南アジア大会に20秒37とタイのナショナルレコードを塗り替えていたが、さらに記録を短縮した。100mでも今年5月には風速未計測ながら10秒19とナショナルレコードを上回るタイムを出している。

現地の報道によると、ブーンソンはオレゴン世界選手権の参加標準記録(20秒24)を突破したが、これには出場せず、来月8月に行われるU20世界選手権(コロンビア・カリ)に専念する可能性があるという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com