月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ゴールドコーストマラソンで福田穣が初優勝!! 川内は故障で失速


第42回ゴールドコーストマラソン2022は7月3日、豪州の当地で開催され、福田穣(NN Running Team)が2時間10分55秒でマラソン初優勝を飾った。2位には2時間14分25秒で金子晃裕(コモディイイダ)が入り、日本勢が1、2位を独占。川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は5km過ぎに脚を痛め、3時間57分39秒で完走した。

福田は金子と2人で中間点を1時間4分56秒で通過すると、30kmまでの5kmを15分13秒とペースアップして一人旅に。後半はやや足取りが鈍ったものの、危なげなく逃げ切ってマラソンで初のタイトルを手にした。

大牟田高(福岡)出身の福田は、国士大卒業後に八千代工業を経て西鉄で実業団選手として活動したが、2020年8月には「NN Running Team」にアジア人として初めて加入。世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)らと同じチームでトレーニングを積んでいる。自己ベストは2018年のゴールドコーストで出した2時間9分52秒。

女子はリンゼイ・フラナガン(米国)が2時間24分43秒の自己新で制し、兼重志帆(GRlab山口)が2時間29分12秒で日本人トップの3位に入った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com