月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

坂井隆一郎「いつも通りの感覚」で10秒02世界陸上内定!「なるべくラウンドを」/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

男子100mで“布勢”らしい好記録が誕生。日本選手権で2位に入っていた坂井隆一郎(大阪ガス)が予選で10秒02(+1.1)をマークし、オレゴン世界選手権の参加標準記録10秒05を突破したことで代表に内定した。

得意のロケットスタートからグングンと加速。「タイムが出る競技場だと思っていたので予選で10秒05を狙っていました」。風が公認であることを確認すると両手でガッツポーズを作った。走っている時の感覚は「日本選手権と同じ。それほど自己ベストが出ているような(スピードの)感じはなかった」とレースを振り返る。

大阪・豊中市出身で、大阪高、関大出身の社会人2年目。「スタートはずっと得意です」という坂井は、高校時代10秒50がベストでインターハイ準決勝止まりだったが、名門校でしっかり土台を作り上げた。関大でも着実に成長を遂げ、2年目に10秒35、4年目には学生歴代7位の10秒12をマークしている。一方でケガも多かった。

昨年も3月の世界リレー代表選考会で優勝して世界リレー代表となったが、その後は右ハムストリングスの肉離れもあり日本選手権は準決勝で敗退。「悔しかったです」と、テレビで東京五輪を見届けた。

ケガがあったこと、そして東京五輪で「海外選手の大きさ」を感じたことで「これまで以上にウエイトトレーニングを増やして肉体強化をしてきました」。その結果、体重も61kgから64kgへ。171cm、細身だった上半身にも筋肉がついた。「後半の減速が抑えられて、腕振りや脚の運びなどが楽になりました」と走りが安定。日本選手権でも抜群のスタートから後半まで優勝したサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)を追い詰めた。

10秒02は同じ関西出身のレジェンドで、同じ大阪ガスの大先輩・朝原宣治の日本歴代7位に並んだ。

これで個人では初の世界大会代表。「やっとここまで来られました。まずは9秒台を目指して、準決勝、決勝と、一つでもラウンドを進めたい」。そして4×100mリレーでも「1走を走ってメダルに貢献したいです」と坂井。大阪が生んだスプリンターが意気揚々とオレゴンへ向かう。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com