月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子100mで兒玉芽生が11秒26!!追い風参考ながら福島千里の日本記録に0.05秒と迫る快走!/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われ、女子100m予選6組で東京五輪4×100mリレー代表・兒玉芽生(ミズノ)が11秒26(+3.1)をマークした。追い風参考記録ながら、福島千里(セイコー)が2010年に作った日本記録にあと0.05秒と迫る好タイム。同組2着の青山華依(甲南大)も自己記録(11秒47)を上回る11秒43を出した。

4組では日本選手権女王の君嶋愛梨沙(土木管理総合試験所)が11秒48(+1.1)、5組では同3位の御家瀬緑(住友電工)が11秒59(+1.8)でそれぞれ1着だった。

決勝は15時10分から行われる予定。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com