月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子100mで坂井隆一郎が日本歴代7位タイの10秒02!!標準突破で世界陸上代表内定!!/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)2日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われ、男子100m予選5組で坂井隆一郎(大阪ガス)が日本歴代6位タイの10秒02(+1.1)をマークし、オレゴン世界選手権参加標準記録(10秒05)を突破。2週間前の日本選手権でも2位に入っており、初の世界選手権代表に内定した。

坂井の従来の自己ベストは、日本選手権決勝で出した10秒11でそれを0.09秒も更新。指導を受ける大阪ガス副部長の朝原宣治氏の記録にピタリ並んだ。「予選から10秒05を切るつもりで出場した。公認で切れて良かった。フィニッシュして記録を見てからは、あとは参考記録にならなければ、と思った。決勝は気を楽にして臨めるので、いい走りをしたい」と喜びを語った。

決勝は15時30分に行われる。

■男子100m日本歴代10傑
9.95 2.0 山縣 亮太(セイコー)          2021. 6. 6
9.97 0.8 サニブラウン・A・ハキーム(フロリダ大) 2019. 6. 7
9.98 1.8 桐生 祥秀(東洋大4)          2017. 9. 9
9.98 0.5 小池 祐貴(住友電工)          2019. 7.20
10.00 1.9 伊東 浩司(富士通)           1998.12.13
10.01 2.0 多田 修平(住友電工)          2021. 6. 6
10.02 2.0 朝原 宣治(大阪ガス)          2001. 7.13
10.02 2.0 坂井隆一郎(大阪ガス)          2022. 6.26←NEW
10.03 1.8 末續 慎吾(ミズノ)           2003. 5. 5
10.03 1.0 ケンブリッジ飛鳥(Nike)         2020. 8.29

※誤りがありましたので修正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com