月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

200m日本選手権王者の上山紘輝が20秒52でV「世界陸上で自分の力出したい」/布勢スプリント


◇布勢スプリント2022(6月25、26日/鳥取・ヤマタスポーツパーク)1日目

日本グランプリシリーズ鳥取大会の「布勢スプリント2022」が行われた。

男子200mは上山紘輝(住友電工)が20秒52(+1.2)で優勝。上山は今年の日本選手権を初制覇している。

ワールドランキングで出場圏内に入っている上山は、「少しでもランキングを上げよう」と臨んだ。ワールドランキングのポイント対象のなかで最も遅い記録が20秒69だったため安堵の表情。「前半は少し向かい風が強かったのでしっかり行きました。ラスト接戦の中で勝ち切れたのは良かった」と振り返る。

近大卒で社会人1年目。今季はシーズン序盤からワールドユニーバーシティゲームズやアジア大会の代表入りを狙って試合をこなし、結果を残してきた。だが、いずれも大会が延期。それでも「世界選手権に気持ちを切り替えられた」と、日本選手権ではついにタイトルも取った。

参加標準記録20秒24を見据えている中で、課題は「体力面」とラストまで走りきるスタミナだという。世界陸連の出場資格者を待つのみだが、「もし選ばれたら初の代表。自分の力を出して自己ベストを更新したい。そうすれば準決勝も見えてくるので」と上山。さらに、4×100mリレーについても「大学時代も3走をしています。先輩たちのようにメダル獲得に貢献できるような1人になりたい」と語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com