月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

競歩の山西利和ら12名が世界陸連アスリート委員に立候補 オレゴン世界選手権期間中に参加全選手の投票で6名選出


男子競歩の山西利和(愛知製鋼)が世界陸連のアスリート委員に立候補したことがわかった。世界陸連は6月24日、改選数6に対し、山西を含む12名が立候補したと発表。投票権はオレゴン世界選手権(7月15日~24日)の参加選手全員に与えられており、大会期間中の7月15日~20日に投票が行われる。

現在アスリート委員は18名で日本人はいない。任期は1期4年。2年ごとに6名ずつ世界選手権の開催に合わせて改選される。今回の改選は当初、昨年に行われる予定だったが、コロナ禍で世界選手権が1年延期となり、任期は2025年までの3年に短縮される。

今回立候補できるのは次の①②③のいずれかを満たした者。①過去2大会の世界選手権(17年ロンドン、19年ドーハ)のどちらかに出場、②直近の五輪(昨年の東京五輪)出場者、③オレゴン世界選手権の出場予定選手。選挙活動は7月1日から可能となる。

◇立候補者は次の通り(世界陸連の発表順)
A.P.ボニージャ(エクアドル/女子長距離)
L.デ・ウィッテ(オランダ/女子短距離)
L.グリワ(ラトビア/女子走幅跳)
R.グリエフ(トルコ/男子短距離)
M.ヒューズ(カナダ/男子中長距離)
I.ラロワ-コリオ(ブルガリア/女子短距離)
H.ナカーイ(ウガンダ/女子中距離)
A.パルシテ(リトアニア/女子走高跳)
A.リシコワ(ウクライナ/女子短距離・ハードル)
L.スプランガー(スイス/女子短距離・ハードル)
A.トロスト(イタリア/女子走高跳)
山西利和(日本・愛知製鋼/男子競歩)

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com