月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子棒高跳・村田蒼空が4m14の高校新!インターハイ連覇へ弾み/IH北関東

◇インターハイ北関東大会(6月17日~20日/栃木県宇都宮市)

インターハイを懸けた北関東大会2日目。女子棒高跳で村田蒼空(前橋女3群馬)が4m14を跳んで優勝。古林愛理(明石商、現・園田学園女子大)が20年にマークした高校記録4m13を更新した。

4m00を3回目に成功して優勝を決めると、高校新となる4m14を2回目に成功。村田は昨年のインターハイ&U18大会女王で、今年の日本選手権では8位入賞している。大会前のベストは5月5日の水戸招待で跳んだ4m03だった。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは8月3日から7日まで徳島県で開催される。

■女子棒高跳 高校歴代5傑
4.14 村田 蒼空(前橋女3群馬) 2022. 6.18
4.13 古林 愛理(明石商3兵庫) 2020.10.11
4.12 田中 伶奈(観音寺一3香川) 2018.10.27
4.10 南野 弥生(札幌手稲3北海道) 2003.10.27
4.02 山地 里奈(観音寺一2香川) 2017. 8.19

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com