月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

皇學館大がトップ通過 愛知工大は3年ぶりの伊勢路/全日本大学駅伝東海地区選考会


第54回全日本大学駅伝の東海地区代表選考会が6月18日、愛知県のマルヤス岡崎龍北スタジアムで行われ、皇學館大と愛知工大が本大会の出場権を手にした。

2つの出場枠を懸けて、14校がエントリーした選考会は10000mを4組実施。各組2名ずつが出場し、8人の合計タイムで争われた。

皇學館大は1組の毛利昂太が30分31秒20と2着以下を大きく引き離してトップでフィニッシュすると、浦瀬晃太朗も31分16秒74の2着で入線。2組以降も各選手が組上位でゴールし、合計4時間7分34秒91の総合1位で6年連続6回目の出場を決めた。

総合2位の愛知工大は2組終了時点で3位の名大との差が0.60秒という接戦に。それでも、3組の渡邉大誠が30分36秒68の1着でリードを広げると、最終組でも深谷涼太が3着と好走。4時間7分49秒37で3年ぶり19回目の出場権を獲得した。

全日本大学駅伝は11月6日、愛知県名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106.8kmのコースで行われる。

■全日本大学駅伝東海地区選考会 総合成績
1位 皇學館大  4時間7分34秒91
2位 愛知工大  4時間7分49秒37
—以上、本大会出場—
3位 名大    4時間9分09秒00
4位 岐阜協立大 4時間10分11秒09
5位 中京大   4時間13分31秒03
6位 三重大   4時間25分30秒94
7位 静岡大   4時間39分10秒64
8位 中部大   4時間39分13秒95
9位 至学館大  4時間47分15秒70

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com