月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ホクレンDC20周年記念大会に日本王者の金子、飯澤、五輪代表の松枝、卜部、萩谷らがエントリー!世界選手権標準にチャレンジ!

日本陸連は、6月22日に開催されるホクレン・ディスタンスチャレンジ20周年記念大会の男女計10種目のエントリーリストを発表。「オレゴン世界選手権チャレンジレース」と題したレースに、中長距離のトップランナーが集結する。

男子は800m、1500m、5000m、10000m、3000m障害、女子は1500m、10000m、3000m障害の計8種目で、世界選手権参加標準記録を目指したペース設定で実施。日本選手権1~3位の選手は、標準記録を突破すれば世界選手権代表に即時内定する。同4位以下の選手でも、標準突破者が最大出場枠(3人)を満たさなければ代表入りの可能性が広がる。

男子は、800mに金子魅玖人(中大)、1500mに飯澤千翔(東海大)の日本選手権覇者をはじめ、1500mの新旧日本記録保持者である河村一輝(トーエネック)と荒井七海(Honda)らが登録。5000mには日本選手権2位で東京五輪代表・松枝博輝(富士通)、同3位の清水歓太(SUBARU)、塩尻和也(富士通)、佐藤圭汰(駒大)らがエントリーした。

10000mは日本選手権1位、2位で東京五輪代表の相澤晃(旭化成)、伊藤達彦(Honda)は登録せず、同3位の市田孝(旭化成)、太田智樹(トヨタ自動車)らが名を連ねた。

すでに三浦龍司(順大)、青木涼真(Honda)が代表に内定している3000m障害は、潰滝大記(富士通)、楠康成(阿見AC)が最後の1枠に挑む。

女子では、1500mで東京五輪代表・卜部蘭(積水化学)がラストチャンスに懸ける。また10000mには日本選手権2位で東京五輪5000m代表の萩谷楓(エディオン)が挑戦する。3000m障害にも日本選手権2位の西出優月(ダイハツ)が出場する。

また、日本選手権1500m、5000m2冠で両種目の代表権を手にした田中希実(豊田自動織機)は1000mにエントリーした。女子5000mは世界選手権の標準記録を狙ったペース設定では実施されない。

■世界選手権参加標準記録(記録挑戦レース実施種目)

800m  男子1分45秒20
1500m  男子3分35秒00/女子4分04秒20
5000m  男子13分13秒50
10000m 男子27分28秒00/女子31分25秒00
3000mSC 男子8分22秒00/女子9分30秒00

ホクレン・ディスタンスチャレンジ特設サイト

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com