月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

IAU100km世界選手権日本代表8名が発表!18年金メダルの山内、世界記録保持者・風見らが代表入り!

日本陸連は6月17日、第31回IAU100km世界選手権(8月27日/ドイツ、ベルリン・ベルナウ)の日本代表選手男女各4人を発表した。

男子は2018年大会金メダルの山内英昭(浜松ホトニクスRC)、同種目の世界記録(6時間9分14秒)を持つ風見尚(愛三工業)、女子は2018年大会銅メダルの藤澤舞(札幌エクセルAC)らが名を連ねた。

2年に1回開催される同選手権の31回大会は、当初は2020年にオランダ・ウィンスホーテンで行われる予定だったが、コロナ禍の影響で中止になっていた。

■第31回IAU100km世界選手権日本代表
【男子】
山内英昭(浜松ホトニクスRC)
岡山春紀(コモディイイダ)
風見 尚(愛三工業)
山口純平(ELDORESO)
【女子】
藤澤 舞(札幌エクセルAC)
仲田光穂(千葉陸協)
太田美紀子(京都炭山修行走)
兼松藍子(TEAM R×L)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com