月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀が今季休養へ「陸上やりたいと思うまで少しお休みします」


男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が自身のSNSで、今季の試合出場を見合わせ、休養に入ることを明らかにした。

1週間前の日本選手権では6位にとどまっていたが、ワールドランキングでオレゴン世界選手権出場の可能性を残していた桐生。だが、6月末のランキング確定を前に、大きな決断をした。

「陸上人生でこれから何がやりたいのか しっかりと考える時間を作る事にしました 試合で走りたい!陸上やりたい と思うまで少しお休みします 今シーズンは試合には出場しません。 練習もまたどこかのタイミングでやり始めます」(原文ママ)

京都・洛南高3年だった2013年春に10秒01をマークして日本中の注目を集めるようになった。その年の9月に、東京五輪開催が決定。以来、桐生は東京五輪を目指す日本陸上界のシンボル的存在として、走り続けてきた。

だが昨年の東京五輪は、春から膝裏、アキレス腱とケガが続いた影響もあって日本選手権100mで5位に敗れ、個人種目での出場を逃した。本番には4×100mリレーの3走として出場したが、金メダルを目指した決勝では1、2走でバトンがつながらず、桐生は目の前でその姿を見ることしかできなかった。

大きな喪失感を味わいながらも、この冬もトレーニングを積み、3月に豪州、4月に出雲陸上でレースをこなした。しかし、10秒18で制した出雲陸上の決勝で右ハムストリングスを痛め、その後のレースをキャンセル。慎重に調整を重ねて臨んだ日本選手権でも、準決勝をプラス通過するなど本来の走りは取り戻せなかった。

レース後にいは「プロとして当然走るのは大事ですが、正直、東京五輪を終えてから、10年やってきて次に何を目標にしていいのか」と葛藤があったことを明かし、「疲れました。少し休みたい」とも話していた。

それでも、自身のSNSでは「いつも応援してくださる皆様、強くなって戻ってきます 待っていてください」と締めくくった桐生。心身が整えられれば、また帰ってくる。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com