月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

好調・上山紘輝が20秒46で200m制す!「勝ち切れてうれしいです」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた男子200mは、今季好調の社会人1年目・上山紘輝(住友電工)が20秒46(+1.7)をマークして初優勝。昨年の日本インカレ200mで2位など、あと一歩タイトルに届いていなかっただけに笑顔を見せた。

上山は予選から20秒48(+0.4)で全体トップ通過。「アベレージも上がっていましたし、決勝でもうまく走れました」と振り返るように、前半は「やや押さえながら」で、「コーナーからスムーズにスピードを落とさずに行けた」と、得意の後半でしっかり抜け出した。

三重・宇治山田商高出身で、近大をこの春に卒業し、「環境が変わって大変なところもありましたが、勝ち切れてうれしいです」と上山。近大では元日本記録保持者の井上悟コーチの下で成長を遂げ、今も大学と所属先を半々で練習拠点としている。今季は「苦手だった」ウエイトトレーニングに励むなど、ケガをしがちだった身体を作り直した。

一気に日本一に駆け上がったホープ。その上昇気流はまだ上向きそうだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com