月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

廣中璃梨佳5000m2位!10000mと2種目で世界陸上内定「葛藤あった」と涙/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた女子5000mで、日本記録保持者の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が15分11秒08をマーク。田中希実(豊田自動織機)に続いて2位に入って世界選手権代表に内定した。

しっかり代表権をつかんだが、「また同じような展開で負けてしまいました」と、ラストで引き離されたことを悔しがる。10000mで代表権をつかんでいたものの、5000mに向けて「連覇を狙いたい気持ちと、3位以内に入るという中で葛藤がありました」と涙を浮かべる。厳しい代表権争いを理解しつつ、ランナーとして「勝ちたい」思いが強かった。

世界選手権に向けて、「スピードが足りない」と廣中。来週から初めての高地トレーニングとなる米国・ボルダーでの合宿に入り、「10000mでも5000mでも対応できるようにスピードをみがきたい」と語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com