月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH村竹ラシッドが2位で世界陸上内定!昨年涙のフライング失格晴らし世界へ/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた男子110mハードル決勝は、泉谷駿介(住友電工)が13秒21(-1.2)で優勝した。

2位に入ったのが村竹ラシッド(順大)。大学の先輩である泉谷には0.1秒差をつけられたが、13秒31と予選(13秒27/+0.5)に続いてオレゴン世界選手権の参加標準記録13秒32を突破し、代表に内定した。

準決勝のあと、「この日のために1年間やってきた」と語っていた村竹。前回大会も予選で東京五輪の参加標準記録を突破しながら、決勝で不正スタートにより失格した。その悔しさを晴らすために「1年間、トレーニングを積んで自信をつけてきました」。

今回の決勝は同じ7レーンに入ったが、「冷静に」と言い聞かせてスタート。泉谷が先行する中でも、しっかりと自分の走りに徹し、内定をつかみ取った。

5月に腰を痛めていた影響もあり「復帰戦のような状態」だったため、「まだまだ上げていける」と村竹。初の世界選手権に向けて「ファイナルに行きたい」と強い思いを持って臨んでいく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com