月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

橋岡優輝8m27!世界選手権標準突破で代表一発内定「久しぶりに良い跳躍できた」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた男子走幅跳は、橋岡優輝(富士通)が優勝した。8m27(+1.4)をマークし、オレゴン世界選手権の参加標準記録(8m22)を突破。2度目の世界選手権代表に内定した。

1回目から珍しく手拍子を求めた橋岡。「最近、1回目は緊張でうまく助走できていなかったので盛り上げようと思いました」。結果はファウルだったが、2回目に「やっと取り戻せた」と「序盤から押していく助走」ができビッグジャンプ。会場から大きな拍手が沸く。8m27(+1.4)で世界選手権参加標準を突破した。

3、4回目をパス、5回目は8m21(±0)。6回目を前に試技を終えた。4月に足首を痛めた影響で、跳躍練習を再開したのは1週間前だという。それでも「まだ万全ではない」という中での好記録。前回大会で樹立した大会記録8m36と「同じ感覚があった」と手応えをつかんだ。

ドーハに続く2度目の世界選手権。「オリンピックの翌年ということで、少し気持ちにもよ余裕があります。まずは楽しみたいです」。ドーハは8位、東京五輪では6位。着実にステップアップしているが、橋岡が『楽しい』のは誰よりも遠くに跳んだ時だ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com