月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本記録保持者・泉谷駿介 ケガ明けから復調の13秒40で組トップ通過/日本選手権

◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目、男子110mハードル予選が行われた。4組目に入った日本記録保持者の泉谷駿介(住友電工)が13秒40(−0.2)をマークして組1着。準決勝進出を果たした。

3月に足首を痛めた影響で4月の織田記念予選以来のレースとなった泉谷。予選から鋭い動きを見せた。すでにオレゴン世界選手権の参加標準記録(13秒32)を突破しているため、決勝で3位以内に入れば代表に内定する。

準決勝は同日の15時32分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com