月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

前日1500mVの田中希実が800mに出場 予選で2分04秒13「ラストの必死さがなかった」/日本選手権

◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に女子800m予選が行われた。

前日に1500mで優勝してオレゴン世界選手権代表に内定した田中希実(豊田自動織機)が予選3組に出場。2分04秒13で1着だった。

田中は「昨日代表権を獲得できて気持ちは上向きでした」と800mでも参加標準記録(1分59秒50)切りを狙っていた田中。だが、「ラストの必死さがなかった」と持ち味であるラストスパートをかけたが、満足のいくものではなかったという。

決勝でも「(世界選手権代表の)権利を狙っていきたい」と言い、「もし世界選手権につながらなくても、来年以降に生かしていきたいです」とその先まで見据えていた。

最終日(12日)は16時20分からの800m決勝を走ったあと、オレゴン世界選手権の参加標準記録を突破している5000m(17時35分)に出場する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com