月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

4位・小池祐貴「力加えられなかった」200mに切り替え/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の2日目に男子100m決勝が行われ、サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒08(+1.1)で優勝して世界選手権代表に内定した。

東京五輪代表の小池祐貴(住友電工)は10秒19で4位。「全体として良くなかったですね。地面に力を加えられなかった」とレースを振り返り、200mに向けて「がんばります」と気持ちを向けていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com