月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

地元・大阪の坂井隆一郎が100m殊勲の銀!「10秒05狙っていきたい」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の2日目に男子100m決勝が行われ、地元・大阪出身の坂井隆一郎(大阪ガス)が10秒10(+1.1)の自己新で2位に入った。

坂井は得意のスタートから抜け出すと、迫り来るサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)をぎりぎりまで逃げる。最後はフィニッシュ前でかわされたものの2位に入り、地元の観客がから大きな拍手が贈られた。

「今年の日本選手権は狙っていた」という坂井。ウエイトトレーニングを本格的に着手して体重も4kg増加して64kgに。出力が上がり、最後までしっかり力強い走りを見せた。

次戦は6月26日の布勢スプリントの予定で、「10秒1台も安定してきたので、10秒05を狙いたい」と、世界選手権の参加標準記録を出して内定を目指していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com