月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ハンマー投・勝冶 61m94でV! 日本歴代10位、学生歴代3位の好記録/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で勝冶玲海(九州共立大)が好記録をマークした。

1投目から「まさか60m台だとは思わなかった」と言うものの、60m37の好記録をスローして一気にトップへ立った。その後は4投目までファウルが続き、3投目に61m75を投げた藤本咲良(コンドーテック)に続いて、勝冶は2位につけていた。

5投目は白旗が上がったが、57m18でなかなか記録を伸ばせない。最終6投目は「1位になりたいけど、2位でもいいや」という気持ちで臨んだが、日本歴代10位、学生歴代3位となる61m94のビッグスローで逆転。藤本は6投目に記録を伸ばせず、勝冶が初優勝を決めた。

「実感が湧かないですが、とにかくうれしいです」と笑顔を見せた勝冶。昨年は緊張から予選落ちであったが、今回は「自分は投げられるんだ」と言い聞かせて「いつもの練習を意識して投げた」という。

今季2度も自己記録を更新し調子を上げており、「もっといけると思います」。今後は「65mは狙いたいです」と学生記録の(64m43)更新へ意欲を示している。

■女子ハンマー投日本歴代10傑[2022.6.10時点]
67.77 室伏 由佳(ミズノ)            2004. 8. 1
67.26 綾  真澄(丸善工業)           2006. 8.19
66.79 渡邊  茜(丸和運輸機関)         2016. 5. 3
66.61 ジョイ・マッカーサー(南カリフォルニア大) 2022. 4.30
65.32 勝山 眸美(オリコ)            2018. 6. 3
64.44 佐伯 珠実(チャンピオン)         2019. 9.22
62.88 村上 来花(弘前実高3青森)        2021. 4.17
62.08 小舘 充華(染めQ)            2021.10.17
62.02 浅田 鈴佳(武庫川女大クラブ)       2017. 6.23
61.94 勝冶 玲海(九州共立大)          2022. 6.10

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com