月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH東京五輪代表・黒川和樹が予選トップ「去年より楽しめている」決勝で世界陸上代表決めるか/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の2日目に、男子400mハードルの予選が行われた。

3組に入った東京五輪代表の黒川和樹(法大)は49秒81の全体トップで決勝進出を決めた。「通過すること」を優先とし、「良くも悪くもなく、普通です。力感はそれほど出していないですが、疲れました」と苦笑い。前半は「しっかり入って」後半もう一段階上げたが、「向かい風が強かった」と難しいコンディションだったようだ。

昨年は「緊張して吐きそう」と何度も話していたが、今回は「緊張はしていますが、少し楽しめる余裕が出てきました」と笑顔を見せる。東京五輪を経験したことが大きかったようだ。

すでにオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破しており、3位以内に入れば代表に内定する。決勝は翌11日の16時40分にスタートする。

◇山内はケガに泣く
東京五輪で準決勝に進んだ山内大夢(東邦銀行)は2組4着。5月の木南記念前日練習で右ハムストリングスを軽い肉離れして、走り出したのは大会の2週間だった。「アップでは調子も上がっているように思いましたが、レースはまた違う」と話した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com