月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青木益未が100mH予選で12秒94の大会新! 世界陸上標準記録突破に期待/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の2日目が行われ、女子100mハードル日本記録保持者の青木益未(七十七銀行)が予選で12秒94(+0.3)の大会新記録を樹立した。従来の記録は13秒02。

青木は得意のスタートから勢いよく飛び出すと、最後はスピードを緩めてフィニッシュ。それでも、従来の大会記録を0.08秒も上回るタイムを出し、笑顔を見せた。

4月の北陸実業団選手権では12秒86の日本記録を樹立。世界選手権標準記録まであと0.02秒に迫っている。

今大会は100mにも出場し、昨日の準決勝では11秒51の自己新で決勝進出を決めており、この後19時33分からの100mハードル準決勝、20時15分からの100m決勝に出場する。

また、100mハードルでは予選から好記録が相次ぎ、紫村仁美(静岡陸協)が自己記録に迫る13秒10(+0.3)。田中佑美(富士通)が13秒12(+0.3)の日本歴代10位、中島ひとみ(長谷川体育施設)が13秒17(+0.6)の日本歴代11位をマークした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com