月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東洋大1年の栁田大輝 セカンドベストタイの10秒22で準決勝進出/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の初日。男子100m予選4組に東京五輪4×100mリレー補欠の栁田大輝(東洋大)が出場した。

10秒22(+0.4)のセカンドベストタイをマークして組2着。10秒21で1着の東田旺洋(栃木スポ協)に続いて準決勝へ進出した。栁田は高2、3と2年連続で決勝で7位に入っている。

準決勝は同日の19時05分に行われ、突破すると翌日20時30分から行われる決勝に進出する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com