月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

奥田啓祐が自身初タイトル!十種に遅咲きの新王者誕生「先輩たちを引き継いでいきたい」/日本選手権混成

◇日本選手権・混成競技(6月4日、5日/秋田県営)2日目

第106回日本選手権・混成競技の2日目が行われ、男子十種競技は初日トップだった奥田啓祐(第一学院高教)が7626点をマークして初優勝を飾った。

初日を3970点の首位で折り返していた奥田。2日目は苦手とする種目が複数あり、これまでは逆転されることも多かったが、しっかりと逃げ切った。

「しっかり記録を出せれば」と話していた110mハードルでは強い向かい風の影響もあり14秒71(-2.3)。だが、そのままずるずるいかず、円盤投でも41m50でしのぐと、成長が見られたのが棒高跳だった。最初の高さとなる4m40を2回失敗。「これまでなら記録なしになっていたと思う」と話したが、土壇場の3回目にクリアし、最後は4m60まで記録を伸ばした。

元々、専門種目だったやり投は55m54。10種目めの1500mまで含め「まとめられたのは評価したい」と語る。何より大学から混成競技を始めた奥田にとって、これが初タイトル。「記録より勝てたことがうれしいです」と喜びを語る。

成長の背景には偉大な先輩2人がいる。ここまで12年連続で優勝を分け合ってきた右代啓祐(国士舘クラブ)と中村明彦(スズキ)のレジェンド。近年は練習をともにしているといい、「精神面で学ぶことが多い」と言う。本来であれば「引導を渡したい」と強い思いを持つが、この日の棒高跳でも2回ファウルの際に「右代さんに背中を叩いてもらった」と気合注入で乗り切った。

まだまだ引導を渡すとまではいかないが、「2人がいなかったら今の僕はいません。(連覇が続いていた)2人の次に優勝できて良かった。来年以降、自分が引き継いでいけるように1年間、過ごしていきたいです」と覚悟をにじませる。

高校時代はやり投をメインとし、東海大に進学してからは腕を痛めた影響で混成競技に挑戦。大学内外を渡り歩いて成長してきた変わり種という遅咲きのデカスリートが、日本のトップとして突き進む。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com