月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪マラソン6位の大迫傑が現役復帰後初レース 5000mで13分30秒23/日体大長距離競技会

昨年の東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(Nike)が6月5日、神奈川県横浜市の日体大で行われた日体大長距離競技会の5000mに出場し、13分30秒23をマークした。

大迫は東京五輪を区切りに一度は引退を表明したものの、今年2月に「またプロのランナーとして走り出す決意を致しました」と現役復帰を宣言。「パリ五輪(を目指す)というのは期間が短いが、(28年)ロス五輪を狙えるような努力、準備をしていけば、新しい先が見える」と語り、再び世界を目指す決意を表明していた。

この日は実業団に所属する外国人ランナーがペースを作る中、先頭から少し離れたポジションでレースを進めると、レース中盤からは順位を上げて日本人トップの8着でフィニッシュ。自身のSNSを通じ、「(復帰)初戦としてはまずまずでした」とコメントした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com