月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子4×100mリレーと男子100mのU20世界記録が承認されず ドーピング検査不備などが理由

今年4月に女子4×100mリレーでジャマイカのU20チームが従来のU20世界記録を上回る42秒58をマークしたが、この記録がU20世界記録として承認されなかったことが報じられている。メンバー全員がドーピング検査を受けていなかったことが理由とされる。

ジャマイカU20チーム(S.コール、ティナ・クレイトン、B.リストン、ティア・クレイトン)は、4月17日のCARIFTA(カリブ海自由貿易連合)競技会で、昨年の同じジャマイカチームが出した42秒94を大幅に塗り替えていた。世界陸連は世界記録を樹立した際には、競技後にドーピング検査が求めているが、検査体制が整っていない国などでは検査を実施していないこともあるという。

また、4月30日に男子100mでL.テボゴ(ボツワナ)がマークした9秒96(+1.9)もU20世界記録として承認されなかった。こちらは、競技前にゼロガンテスト(号砲時に正しく計時装置が起動するかのテスト)が行われていなかったため。T.ブロメル(米国)が2014年に樹立した9秒97がU20世界記録となる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com