月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

明大競走部「ファンミーティング」を開催 社団法人が活動資金をサポート


明大競走部の活動を支援することを目的に関係者を中心として今年1月に設立された一般社団法人明大アスレチックマネジメントは5月28日、都内で「ファンミーティング」を開き、参加した約30人のファンクラブ会員に明大競走部の活動を報告しながら交流を深めた。

明大競走部の中川秀一部長、園原健弘監督、山本佑樹駅伝監督、明大の西山春文副学長、社団法人理事であるマラソンランナーの谷川真理さん、競走部OBの鎧坂哲哉(旭化成)らが出席。冒頭で中川部長が「関係者ではない方が競走部を支えてくれていることを知り、みんなで応援できる組織を作ろう、というのが社団法人を設立した目的。スポーツを通じて社会にどう還元していくか考え、みなさんと一緒に競走部を作っていきたい」とあいさつした。

トークショーではOBの鎧坂が「毎年雰囲気は変わりますが、最近はチームがすごくまとまってきたと思う」と競走部の印象を語り、山本駅伝監督は「トラックや全日本大学駅伝では結果を出せるようになりましたが、箱根駅伝については歯がゆい思いをしています。ただ、毎年チームの成長を感じられるようになっています。今度こそはという思いでがんばっているところです」と、前回14位に終わった箱根駅伝での巻き返しを誓った。

競走部からは5月中旬の関東インカレ10000m競歩を制した濱西諒、三段跳で2位に入った鈴木憲伸、5000m7位、10000m5位と長距離2種目で入賞した富田峻平が登壇。「ファンの皆様のおかげで毎日練習をさせていただいています」と富田が感謝を述べると、副将兼短距離ブロック長の鈴木は「皆様の期待以上の成果を出せるように精進したい」と意欲をみなぎらせた。

また、鎧坂も「今までオリンピックには縁がありませんでしたが、パリ五輪に向けては心機一転、マラソンランナーとして3位以内を狙いたい」と宣言し、西山副学長は「今は(明大OBで元卓球選手の)水谷隼君がテレビに出ていますが、パリの後は鎧坂君を推したい」とエールを送った。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com