月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

岩出玲亜が海外マラソン参戦へ 「自己ベストは狙いたい」


海外マラソンに出場する意向を明かした岩出玲亜(千葉陸協、中央)。左はカヌーの羽根田卓也、右は元サッカー日本代表の石川直宏氏

アスリートが海洋プラスチック問題を学ぶイベント「アディダス サステナ スクール」が5月23日に都内で開催され、参加した女子マラソンの岩出玲亜(千葉陸協)が秋に海外レース参戦を予定していることを明かした。

今年3月の名古屋ウィメンズマラソン(11位)を2時間27分03秒で走り、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC、2024年パリ五輪日本代表選考会)の出場権をワイルドカードで獲得した岩出。4月下旬のぎふ清流ハーフは1時間10分43秒で5位に入るなど好調を維持しており、「(来年秋の)MGCで勝てるように、この秋はしっかりマラソンを走っておきたい。具体的にどの大会かはこれからですが、自己ベスト(2時間23分52秒、2019年)は狙っていきたいです」と意気込んだ。

同イベントはアディダスが海洋プラスチック汚染問題を啓蒙するキャンペーン「RUN FOR THE OCEANS(ラン・フォー・ジ・オーシャンズ)」に合わせて行われたもので、岩出のほかには2016年リオ五輪カヌー競技銅メダリストの羽根田卓也と元サッカー日本代表の石川直宏氏が出席。オンラインでは約50人のアスリートが集まり、陸上競技関連では女子100mハードルの寺田明日香(ジャパンクリエイト)、同20km競歩の岡田久美子(富士通)、2008年北京五輪男子4×100mリレー銀メダリストの塚原直貴氏らが参加してサステナビリティに関するクイズに答えた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com