月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子200m・鵜澤飛羽がケガからの復活V! フィニッシュ後には涙「安心しかないです」/関東IC


◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)4日目

関東インカレの4日目に行われた男子200mで鵜澤飛羽(筑波大)が20秒77(-0.7)で優勝した。

100mでは2位に入っていた鵜澤。カーブを過ぎてから直線に入ると、徐々に前へ出てトップに躍り出る。「三浦(励央奈/早大)さんにいかれるかなと思っていました」とライバルの走りも意識していた。

宮城・築館高2年時にはインターハイ100m、200mの2冠を果たした鵜澤。3年時には新型コロナウイルスの影響で大会はほとんど中止に。陸上から離れる時期があり、大学で陸上を続けるかも迷っていた。その後競技の継続を決めたが、昨年の関東インカレでハムストリングスの肉離れ。再び走れない日々が続いていたという。

フィニッシュ後には涙を拭う姿も見せ、「安心しかないです」とケガからの復帰を遂げてホッとした様子。「陸上がつらいと思った時期もあった」と明かした。ケガは「まだ完治はしていない」というが、今回の優勝でさらに今後への期待も高まる。

「圧倒的に練習量が足りていない」が日本選手権までに「積めるところは積んでギアを上げていきたいと思います」と意気込んだ鵜澤。世界選手権の参加標準記録(20秒24)も視野に入れており、「世界の選手と走りたい」という目標を掲げていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com