月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日体大の絶対エース・藤本珠輝がハーフ制す!「勝ち切るのが力の証明」/関東IC


◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)4日目

関東インカレ4日目、男子ハーフマラソンが国立競技場をスタート・フィニッシュとし、神宮外苑周回コースで行われた。

「自分がレースを引っ張ると思っていて、それで勝ち切るのが自分の力の証明になると思っていました」。レースをこう振り返ったのは、日体大のエース・藤本珠輝(4年)。その言葉通り、序盤から積極的に先頭集団を牽引した。

10kmを前に一度は山平怜生(中大2年)に先行を許したものの、周回コースの11周目(全19周)に入ると、再び藤本が先頭に立ち、じわじわと後続を引き離しにかかった。

藤本のペースは最後まで衰えず、最後は右手の人差し指を突き上げてフィニッシュ。2008年にメクボ・ジョグ・モグス(山梨学院大)がマークした大会記録(1時間2分23秒)を14年ぶりに更新する1時間2分20秒の好記録でタイトルを手にした。

伝統校のエースとして今年の箱根駅伝では2区を担い1時間7分21秒(区間10位)と好走を見せたが、「その後、故障や病気などがあり練習できていなかった」という。藤本は5000mの日体大記録(13分32秒58)を保持するなどトラックでも実績があるが、「スピード練習ができなかったので、ひたすら距離を踏んで、得意なハーフマラソンでポイント獲れると思った」とハーフマラソンでの出場を決めた。そして、最後の関東インカレできっちりと結果を残した。

「最上級生になったのでチームの中心になって引っ張っていければ。今日の優勝が刺激になれば良いと思う」と、今季もチームの柱としての活躍を誓う。

◇東洋大が10000mに続いてトリプル入賞

2位には「駅伝並みの緊張感を持って挑んだ」という東洋大の梅崎蓮(2年)が入った。さらに、5位に木本大地、8位に前田義弘(ともに4年)と、10000mに続いて東洋大勢がトリプル入賞を果たした。

「去年は長距離種目0点に終わり、伝統を崩してしまった責任を持ってやってきた。10000mの3人入賞に良い刺激をもらった。自分たちも全員入賞しようと言っていたので、それが叶ってよかったです」(梅崎)

今大会、トラックで東洋大旋風が巻き起こっているが、ロード種目のハーフマラソンでも存在感を示した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com