月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大強し!鶴川正也が2部5000mで日本人トップの3位「悔しさがずっとあった」/関東IC


◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)4日目

関東インカレ4日目、男子5000m決勝が行われ、ノア・キプリモ(日本薬科大)が13分55秒47で優勝。2位にヴィクター・キムタイ(城西大)が13分55秒82で入り、日本人トップの3位に鶴川正也(青学大)が13分55秒99で食い込んだ。

鶴川は昨年の関東インカレで14分22秒91の16位に敗れ、「その時の悔しさが1年間ずっと頭にありました」と振り返る。それだけに「今回は少しは力を発揮できたかな」と笑顔を見せる。夏以降に向けて「もっとラストで勝ち切れるレースができうように力をつけていきたいです」と意気込みを語った。

青学大は目片翔大も6位。そのほか、10000mで岸本大紀が2位、この日のハーフマラソンでもトリプル入賞など、トラックで存在感を発揮した。

■関東インカレ2部男子5000m上位成績
ノア・キプリモ(日本薬科大)13.55.47
ヴィクター・キムタイ(城西大)13.55.82
鶴川正也(青学大)13.55.99
山谷昌也(東京国際大)13.56.88
リーキー・カミナ(創価大)13.57.96
目片翔大(青学大)13.58.55
白井勇佑(東京国際大)14.01.12
片川祐大(亜細亜大)14.01.36

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com