月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「青学大のエースとして」岸本大紀が2部1万m日本人トップの2位!/関東IC

◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)1日目

関東インカレの初日、男子2部10000m決勝が行われ、ノア・キプリモ(日本薬科大)が28分28秒58で優勝。日本人トップの2番手には岸本大紀(青学大)が入った。

「このレースで勝負したい」と強い思いで臨んだ関東インカレ。「1年時の5000m以来。トラックでいいレースができたことがないので、上位でゴールしたかった」。序盤から留学生と平林清澄(國學院大)らが上位を引っ張るが、ややスローペースに。「スローは苦手でしたが、焦らずに抑えて」いた岸本。ラスト勝負ではキプリモをかわそうかというほど粘りを見せ、28分28秒94でフィニッシュした。

2、3年時はケガで苦しんできた岸本。「近藤幸太郎におんぶに抱っこだった。4年目なのでどのレースでも結果を残すという思いでした」と言い、「チームのエースとしての自覚もあります。青学は駅伝だけじゃないと見せられた」と峰を張った。

3位にはカマウ・パトリック(上武大)が入り、日本人2番手の4位に大川歩夢(東経大)が28分35秒51。中西大翔(國學院大)、平林、丹所健(東京国際大)、篠原倖太朗(駒大)と続いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com