月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

北海道マラソン2022がJMCシリーズの対象大会に決定!


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
日本陸連は5月12日、ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(以下、JMCシリーズ)の第2期について、北海道マラソン2022が男女のグレード1に加盟することを発表した。

JMCシリーズは、全国各地の公認マラソン大会を開催規模などに応じて、グレード1からグレード3までの格付けを行い、一定期間内の獲得ポイントで決定した総合成績から、日本選手権タイトルや日本代表選考を行う新たな仕組みとして2021年度に創設された。2020年12から22年3月まで行われた大会でのポイントを集計したJMCシリーズⅠでは、男子は鈴木健吾(富士通)、女子は一山麻緒(ワコール、現・資生堂)が優勝を飾り、賞金600万円を獲得している。シリーズⅡは21年11月から23年3月に行われた大会が対象となる。

また、1位から6位までに入った選手で記録条件(1~3位・男子:2時間14分00秒/女子:2時間32分00秒、4~6位・男子:2時間12分00秒/女子:2時間30分00秒)を満たした選手は、23年秋に行われるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得できる。

北海道マラソン2022は8月28日に開催。今大会から、昨年8月に行われた東京五輪と同じコースをたどるように変更され、暑熱対策としてスタート時間も30分前倒しの午前8時30分にスタートする。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com