月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三浦龍司8分22秒25で圧巻V「まとめられたのは評価したい」世界見据えたレースで収穫/セイコーGGP


◇セイコーゴールデングランプリ(5月8日/東京・国立競技場)

世界陸連コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子3000m障害は東京五輪7位の三浦龍司(順大)が8分22秒25で優勝した。

今回のテーマは「ラスト1000mで切り替える」こと。海外レースを想定して「あえて集団の中で」進めた。プラン通り、しっかりラストで強さを見せた三浦。「狙いは達成できましたが、タイムは思ったよりうれしくなかったです。(3000m障害は)シーズン初戦ということもあるので、このくらいかな」と振り返った。

これまでのように前で進めるのとは違い「イレギュラーなレース」だったが、「楽しむこともできましたし、こういうレース展開もあるんだなと、引き出しも増えたのは大きな、大きな収穫。レースをまとめられたのは評価したい」と語る。

世界大会の入賞者として期待も、プレッシャーも受ける1年になるが、「現実を見る1年になる。タイムと順位を区別しながら目標設定していきたいです」と気負いはない。今後は海外遠征を視野に入れる三浦。日本選手権でしっかり代表をつかみ取り、再び世界と対峙する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com