月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男女100mは小池祐貴&御家瀬緑がV!110mH村竹、三段跳・森本は日本歴代3位のジャンプ/織田記念優勝一覧


◇織田記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム)

アジア大会選考会を兼ねた日本グランプリシリーズ広島大会の「第56回織田記念」が4月29日に広島・エディオンスタジアムで開催。前日の好天から打って変わって、15時頃までは冷たい雨風の中での大会となった。

桐生祥秀(日本生命)が欠場し、多田修平(住友電工)がA決勝に進めない(※B決勝棄権)という波乱の展開となった男子100mは、東京五輪代表の小池祐貴(住友電工)が10秒49(-3.3)で貫禄勝ち。また、女子100mは小池と同郷(北海道)出身で同じ住友電工の御家瀬緑が11秒79(-0.7)で久しぶりの主要大会タイトルを手にした。

女子三段跳では「織田幹雄」の冠に恥じないビッグジャンプが誕生。森本麻里子(内田建設AC)が4回目に13m56(+1.2)を跳んで優勝した。この記録は日本歴代3位にランクイン。男子三段跳は池畠旭佳瑠(駿河台大AC)が16m20(+0.2)で優勝している。

女子5000mは田中希実(豊田自動織機)が15分23秒87をマークして日本人トップの3位だった。男子110mハードルは村竹ラシッド(順大)が13秒55(-1.5)をマークしてV。日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)は決勝を棄権した。男子5000mは東京五輪3000m障害7位の三浦龍司(順大)が13分32秒42で優勝。2位に東京五輪代表の松枝博輝(富士通)が続いた。

■織田記念グランプリ種目の優勝者一覧
・男子
100m 小池祐貴(住友電工) 10秒49(-3.3)
5000m 三浦龍司(順大) 13分32秒42
110mH 村竹ラシッド(順大) 13秒55(-1.5)
3000m障害 フィレモン・キプラガット(愛三工業) 8分29秒25
      ※2位・山口浩勢(愛三工業)8分34秒72 
三段跳  池畠旭佳瑠(駿河台大AC)  16m20(+0.2)
ハンマー投 中川達斗(九州共立大院) 70m65
・女子
100m 御家瀬 緑(住友電工) 11秒79(-0.7)
5000m アグネス・ムカリ(京セラ) 15分22秒90
    ※3位・田中希実(豊田自動織機) 15分23秒87
100mH クレスタ・ムッチ(豪州) 13秒21(-2.8)
    ※2位・福部真子(日本建設工業) 13秒21
3000m障害 吉村玲美(大東大) 9分52秒16
走高跳 青山夏実(ダイテックスアスレチックス) 1m74
三段跳 森本麻里子(内田建設AC) 13m56(+1.2)
ハンマー投 余 雅倩(台湾)  64m34
     ※2位・勝山眸美(オリコ) 60m83
※海外選手が勝った場合は日本人トップも掲載

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com