月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

カーリー200mで今季世界最高の19秒80 女子100mトンプソン・ヘラー10秒89、テリー10秒77w /WAコンチネンタルツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

4月16日、米国・カリフォルニア州での世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのUSATF(全米陸連)ゴールデンゲームズが開催され、男子200mでは東京五輪100m銀メダリストのF.カーリー(米国)が19秒80(+1.6)の今季世界最高で優勝した。2位にはM.ノーマン(米国)が19秒83で続いた。

女子100m予選では、東京五輪で100m、200m2冠のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が今季初レースとして出場し、10秒89(+1.6)をマークした。トンプソン・ヘラーは決勝を棄権。決勝は追い風3.3mの参考記録ながら、T.テリー(米国)が10秒77の好記録で制した。

女子100mハードルではT.マーシャル(米国)が12秒46(+0.8)で勝利。2位には世界記録(12秒20、16年)保持者で東京五輪銀のK.ハリソン(米国)が12秒56で入った。

男子400mは、東京五輪400mハードル4位のM.チェリー(米国)が44秒28で制覇。2位は東京五輪400mハードル銅メダルのA.ドス・サントス(ブラジル)が44秒54で続いた。

男女の円盤投は東京五輪金メダリストがいずれも優勝。男子はD.スタール(スウェーデン)が67m65で、女子はV.オールマン(米国)が69m46で制した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com