月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子円盤投で山口翔輝夜53m15 吉留美桜が女子5000mW22分28秒42 週末に各地で高校生が好記録


4月16、17日と各地で行われた競技会で高校生が好記録をマークした。

16日の兵庫陸上競技春季記録会(加古川)高校男子円盤投では、昨年のU18大会2位の山口翔輝夜(社3兵庫)が高校歴代10位の53m15を放った。これまでの自己記録は昨年9月に放った51m67で、2021年の高校リスト1位。これを1m48cm更新した。

16日に行われた鹿児島県記録会(鴨池)では、女子5000m競歩で吉留美桜(神村学園3鹿児島)が高校歴代11位の22分28秒42をマーク。昨年10月に出した自己記録(23分47秒56)を1分20秒近く塗り替えた。また、女子300mで下野みのり(JOHO.AC/鹿児島情報3)が39秒13をマーク。女子3000mでは昨年の全国高校駅伝2区区間3位タイの田島愛梨(神村学園3)が9分18秒03の自己新で駆け抜けた。

16日の全山陰陸上(島根・松江)女子ハンマー投では、昨年のU18大会3位の佐野陽菜(松江工3島根)が自己ベストの52m36を放った。大阪高校地区別春季記録会(3、4地区/16、17日・長居)男子棒高跳では北田瑠偉(大塚3大阪)が自己新の5m10に成功。17日の柏崎選手権(新潟・柏崎)男子200mでは木村峻也(新潟産大附3)が予選で自己記録を0.14秒更新する21秒17(+1.6)、決勝は21秒24(+1.1)と2レース続けて好記録をマークした。

三重県国体第一次選考会(16日、17日/伊勢)男子三段跳では15m04(-1.0)で磯井亮輔(伊勢3三重)が制した。

東京ではインターハイの支部予選が行われ、東京都高校第3支部予選会(16、17日/江戸川)では女子100mで税田ジェニファー璃美(城西2東京)が12秒02(-1.1)でトップ。4×100mリレーでは、税田が2走を務めた城西が46秒96をマークした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com