月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山西利和が日本選手権35km競歩を欠場 「秋以降でチャンスがあれば」


日本陸連は4月12日、今月17日に行われる第106回日本選手権35km競歩の欠場選手を発表。男子では東京五輪20km競歩銅メダルの山西利和(愛知製鋼)がコンディション不足を理由に欠場する。

3月に行われた世界競歩チーム選手権(20km)で優勝を飾った山西は、自身のSNSで「世界競歩チーム選手権後の準備状況や現在のコンディションを鑑みて、今回は欠場いたします。秋以降でチャンスがあれば挑戦したいと思います」とコメント。

35km競歩として初めて開催される今回の日本選手権はオレゴン世界選手権を代表選考競技会を兼ねているが、山西はすでに19年ドーハ世界選手権20km競歩の優勝で同種目での出場権を得ている。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com