月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

橋岡優輝8m07でシーズンイン!「自力はついている」江島は5m60軽々成功/日大競技会


日大競技会が4月9日に行われ、男子走幅跳に東京五輪6位入賞の橋岡優輝(富士通)が出場。本数を制限し、1回目に8m07(+0.1)、2回目がファウルだった。3回目はパス。その後は100mに出場して10秒44(+3.2)をマークした。

3月のベオグラード世界室内選手権は3回ファウルで記録なしに終わったが、「だいぶ助走もいい感じに乗り込めるようになって、感覚はいいものをつかめました」と振り返る。

今日の跳躍については「納得のいく跳躍からは程遠い」としつつ、「あれくらいの跳躍で8mを超えられたのは自力がついてきたからかな」と及第点を与えた。

アジア大会代表選考会となる木南記念に向けて「オレゴン世界選手権の参加標準記録8m22を跳んで、代表を決めたい」と語った。

男子棒高跳には五輪代表の江島雅紀(富士通)も出場し、5m60を悠々クリアしていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com