月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪1500m8位田中希実 今季初5000mを15分26秒53で日本人トップ/金栗記念選抜


◇金栗記念選抜中長距離(4月9日・熊本)

女子5000mには東京五輪1500m8位の田中希実(豊田自動織機)が出場。15分26秒53で日本人トップの6位だった。

1500mも含めて2種目にエントリーしていた田中だったが、先に行われていた1500mを棄権。この日は今季初となる5000m1本に絞った。

前半で日本の実業団に在籍する外国人選手5人が飛び出し、田中は、10000mで31分10秒02を持つ五島莉乃(資生堂)や佐藤早也伽(積水化学)、川口桃佳(豊田自動織機)とともに日本人集団を形成。残り400mあたりでその集団から抜け出して、フィニッシュした。

田中は「1人で走っても集団で走ってもしっくりこなくて、良いレースができなかった。今季は1500mでも5000mでも自己ベストを出したい」と話した。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com